デリヘルと他の業種の違いについて解説

風俗求人を探すときに、最も目にかけるのがデリヘルの募集ではないでしょうか。デリヘルというサービスは派遣型なので実際の店舗を持たず、運営が容易であるといわれています。

そのぶんお客さんもつけやすく、女性が開いた時間に稼ぐという意味でもかなりメリットが高いジャンルです。

デリヘルの特徴とは

風俗業界では非常に良く聞くこのデリヘルという言葉ですが、どういったジャンルか具体的にご存知でしょうか。例えばよくあるファッションヘルスの場合は、店舗があってそこにお客さんが訪れることになります。

そして、お客さんが女性を指名して、個室に入ってそこでプレイが行われることになります。ですがデリヘルの場合にはお客さんを迎えるための店舗というものがなく、女性がお客さんの元にまで派遣されるのが特徴なのです。

営業時間が長く入りやすい

店舗がある風俗の場合、深夜まで営業をするということが法律によって禁じられています。しかし、デリヘルの場合にはそういった制約がないので、夜中の時間帯でもお客さんにつくことができるのです。

そういった特徴から、昼間の仕事をしている人が夜はデリヘルをするというようなスタイルも見られるようです。ある程度自由な時間を確保しながら、風俗の給料を稼げるというのは魅力に感じられることが多いようですね。

車移動などのメリットも

デリヘルではお客さんの元に派遣されるまでに車での送迎サービスがあるので、その車に乗っている時間は実質的な休憩時間になります。

ハードなプレイを要求される風俗に比べて、ある程度は時間も体力にも余裕が生まれるかもしれません。高い給料は欲しいけどソープランドほどハードなものはちょっと、と思っている人は一つの選択として考えてみましょう。